FC2ブログ
メルベーユ森のお店紹介と取り扱い商品の説明を中心に。また、趣味の宇宙・格闘技・社会・経済・家族の話やちょっと辛口の話をしていきます。

アッベ数とは?裏技!

アッベ数とは?裏技!

今回はメガネレンズの眼鏡店では、教えてくれないことをお話します。当店でも「アッベ数」はお客様に説明することはほとんどありません。レンズ選びは眼鏡店にお任せの方が多いので、メガネレンズの知識として覚えていると、最適なレンズを選ぶことができます。

アッベ数(Abbe's number)または逆分散率は、透明体の色収差を評価する数値で、ドイツの物理研究者エルンスト・アッベ(Ernst Abbe, 1840年 - 1905年)の名前からきています。
太陽の光は、さまざまな色の光の混合であることは、よく知られています。これらの光は、ひとつひとつ波長が異なり、波長の短いものほうが長いものよりよく曲がる性質を持っています。このように屈折率が異なるために、プリズムを通すと美しいスペクトルに分かれるのです。このように光がプリズムによって分かれることを「分散」もしくは「分光」といいます。
そして、この光の分散という性質は、眼鏡レンズに「色収差」という現象を引き起こすのです。眼鏡レンズは、基本的に光の屈折を目的とし、プリズムの集合体とも言うべきものなので、設計によって「色収差」をまったく無くすことは不可能です。そこで、レンズの素材の色収差の度合いを示す数値として「アッベ数」が用いられています。

アッベ数は、簡単にいうとこの分光しやすさ、しにくさを数値にしたもので数値が大きいほど性能のいいレンズといえるのです。高屈折の薄いレンズになればなるほど、このアッベ数が落ちていくのです。つまり、高屈になればなるほど分光作用が起こりやすくなるのです。そのためレンズの端のほうでは、色収差と呼ばれる、プリズム現象による色がずれて見えてしまうようなことが起こるのです。
(アッベ数は40以上あると、この色収差を感じなくなるといわれています。)

わかりにくいとおもいますが、もっと簡単にいうと、屈折率が高いほどレンズは薄くなり、アッベ数が大きいほど色収差の少ない良いレンズになります。もちろん軽いことも重要です。
レンズの理想は、薄くて軽くて色収差の少ないレンズです。しかし、ここで注意したいのはレンズを薄くしようとするとアッベ数と比重の数値が悪くなり色収差が出たり、レンズが重くなったりします。レンズの性能は、この3つの要素のバランスのよさで決まります。

参考までにプラスチックレンズとガラスレンズの屈折率・アッベ数・比重を載せます。順番に屈折率・アッベ数・比重となっています。(プラスチックレンズはプラレンズと呼ぶことにします) 
プラレンズ:1.50球面 59・1.32、1.60球面42・1.30、1.60非球面 42・1.30、1.67非球面 32・1.35、1.70非球面 36・1.41 1.74非球面 33・1.47 
ガラスレンズ:1.52 59・2.54、1.60 41・2.63、1.70 40・3.10、1.80 35・3.54、1.90 30・3.89


プラレンズとガラスレンズは球面・非球面ともアッベ数は同じです。ガラスレンズは屈折率が高くなると重くなるのがわかると思います。今は小さめのフレームが多いので、中程度の近視の方は1.60球面プラレンズで十分です(今流行の小さいフレームでの場合)。お店はもっと薄型のレンズを販売したいので屈折率の高い、非球面レンズをおすすめすることが多いのは値段をとれるからなのです。弱度の場合には屈折率の高いレンズを使用してもあまり薄くなりません。強度近視の方は、例えば-6.0D以上の方は薄型・非球面レンズをおすすめします。アッベ数が40以上あれば問題なく快適にご使用いただけると思います。技術的にもっと薄いレンズはつくれますが、アッベ数が30以上ないと色がずれてたり、にじんで見えてしまいます。

屈折率の高いレンズが良いレンズとは言えません。数字だけでレンズを選ばないで3つのバランスで選ばれることが重要です。もちろんフレームの大きさも重要です。当店はフレーム価格に薄型1.60球面レンズをお付しているのはこのような理由からです。もちろん溝ほり、枠なしにも最適です。(1.50レンズは割れます)

[ 2008/12/27 16:09 ] メガネ | TB(-) | CM(-)
令和元年9月のイベント情報
マウスをあてるとスクロールが止まります

〇祝令和元年! 
創業95周年「大創業祭」開催!

増税前セール 駆け込むなら今のうち。

〇ジュエリーリフォームフェア開催中!

デザインが古くてご使用されていないリングやネックレスを

最新のデザインにリフォームしませんか 相談会開催中。


〇遠近両用・中近両用・デスクワーク用メガネが便利です。
  
あなたに合ったレンズを認定眼鏡士がアドバイス。
   

〇ご不要になった金・プラチナ・ダイヤ・銀を高く現金買取り、下取りします。

金・プラチナ100g/50g/20gも販売しています。


〇9月の誕生石はサファイヤです。


お店のご紹介

(株)メルベーユ森

Author:(株)メルベーユ森
宝石・メガネ・時計
補聴器・宝石のリフォーム
金地金販売、買取

石川県能美市大成町2-5
根上ショッピングタウン
(マルエー根上店さま前)
TEL :(0761)55-0096
FAX :(0761)55-5331
営業時間 8:30~19:30
定休日:水曜日
1925年(大正14年)創業
今年で94年目を迎えました

◎SS級認定眼鏡士2名
◎石川県公安委員会許可
  第511060011995  

FC2カウンター
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -