メルベーユ森のお店紹介と取り扱い商品の説明を中心に。また、趣味の宇宙・格闘技・社会・経済・家族の話やちょっと辛口の話をしていきます。

日本人の大半が持っている誤解~遠視も近視も「正常」~

日本人の大半が持っている誤解~遠視も近視も「正常」~

きょうは梅雨空で雨がしとしと降っています。梅雨明けはしばらくお預けでしょうか。

今回は文藝春秋6月号に掲載されていた「医学の常識を疑え」大特集の中で、筑波大学眼科教授の大鹿哲郎さんが書いた、レーシック手術の語られざる“副作用”を興味深く読みました。

レーシック手術は角膜にエキシマレーザーを照射し、曲率を変えることで近視の視力を高めることです。日本で臨床導入されて十数年が経ち、メガネやコンタクトの煩わしさを感じる人を中心にニーズが高まっています。その反面、失敗や事故も後をたたずおこっています。

レーシック手術の語られざる“副作用”は後ほどご紹介しますが、日本人の大半が持っている誤解についてご紹介したいと思います(原文で)

日本人の大半が持っている誤解を指摘しておきます。
皆さんは、遠くが見える目(遠視)を「いい目」、近くが見える目(近視)を「悪い目」と考えているのではないでしょうか。実は、これが決定的な誤解なのです。医学的には、遠視も近視も「正常」、つまり視力によって目の良し悪しは区別できないのです。

現代の日本に暮らす私たちの生活では「遠くを見る」という機会は圧倒的に少ないはずです。眼科的には5メートル以上を「遠く」と呼びますが、通常の生活では、その大半の時間を5メートル以内を見て過ごしている。であるならば、普段見ることの多い「近く」を裸眼で見られる近視の方が「いい目」であるはずなのです。



「近視」は病気ではなく「正常な目」なのです。私は中程度の近視なので、仕事では近くをよく見えるようにレンズの度数を落として使用しています。多くの人は四十代半ばで老眼が始まります。私のように近視であれば老眼になってもそれほど違和感はありません。

妻は視力が2.0あり遠くがよく見える遠視です。遠視のひとが老眼になると、近くを見るのにとても苦労します。老眼鏡を掛けて近くの作業をしていますが、作業がしにくいようです。

普段の生活では1.5や2.0見える目よりは、0.8や0.9程度の視力があれば十分で、そのほうが便利です。

近視は病気ではなく、「正常な目」に手術するのがレーシックです。レーシック手術を受ける人の多くは視力にして1.5とか2.0を希望します。希望通りにしてしまうと「過矯正」となり、それが原因でうつ症状や自律神経失調症なる場合があります。一度この手術をしたら、元に戻せないので、術後の視力が気に入らなくても受け入れるしかありません。また、レーシックが自由診療で行う手術である以上、その結果でとして生じた不具合の治療も、健康保険の対象とはなりえない。

現実には、確実な治療法のないそうした人たちを、好んで受け入れる眼科医も、そういません。結果として患者は行き場所を失う「レーシック難民」が生まれています。

それでもレーシックを手術を受けたいという人の注意点は(原文を引用)。
① めざす視力は控えめに
控えめな視力にしておけば、再手術で視力をあげることができます。最初は0.8~0.9あたりで様子を見るのが妥当。それで十分満足できるはずです。

② 治療費が安すぎる施設は避ける。
安全性を重視するのであれば、相場は片目二十万円前後。極端に安い価格設定、広告に多額の費用をかけているところは避けたほうが無難です。

③ 合併症の詳しい説明があるか
レーシックは外科的手術のなかで比較的安全性が高い手術ですが、手術である以上、合併症のリスクは伴います。過矯正による自律神経失調症のほかにも、ドライアイや斜視などの合併症が報告されています。レーシック手術した人が将来白内障になった時、白内障手術の難度が高くなることがあります。白内障手術の際には、その人の生活に適したピントの距離設定をしますが、レーシックをしているとこの調整が難しくなる。こうした二次的な問題点についても説明してくれる医師や施設を選びたいものです。

④ 四十代以降はより慎重に
多くの人は四十代半ばで老眼になります。元が近視であれば、老眼になってもそれほど違和感はありませんが、遠視の人が老眼になると、近くを見るのにとても苦労します。近視の人がレーシックで遠くを見られるようになったとしても、老眼は平等に訪れます。この時に、遠視にしたことを後悔することになるのです。「四十歳過ぎて、経済的に余裕もできたから、レーシックでも受けてみようか」と思わないで下さい。


通常の生活では、大半の時間を5メートル以内を見て過ごしています。近視の人は、0.8や0.9程度の視力であれば十分で、そのほうが便利です。近視を「悪い目」と思わないで現代社会ではむしろ「正常」なのだと思ってください。

   虫の幼虫が

   家の横に何か動くものが、蛾の幼虫でしょうか?。棒で突付くと丸くなります。
   虫が大嫌いなので、触ることはできません。
[ 2014/07/24 12:09 ] 目と眼鏡の知識 | TB(0) | CM(1)
おはようございます。
今日も元気に応援です。

虫はニワトリ大好きです。
レーシック?
カネが無いので出来ません。
[ 2014/07/25 07:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

10月のイベント情報
マウスをあてるとスクロールが止まります

〇1日より「大創業祭」第二弾開催!

日頃のご愛顧に感謝価格でご奉仕。

〇秋のブライダルセール開催中!
  
エンゲージ・マリッジリング、オーダーリングも。
   
〇ホヤ・ニコン遠近両用フェア開催中

お手頃価格からプレミアム価格まで。 

中近両用やデスクワーク用(近々両用)も。

〇ご不要になった金・プラチナ・ダイヤ・銀を高く現金買取り、下取りします。

ロレックスも高価買取いたします。


〇10月の誕生石はオパールとトルマリンです。


お店のご紹介

(株)メルベーユ森

Author:(株)メルベーユ森
宝石・メガネ・時計
補聴器・宝石のリフォーム
金地金販売、買取

石川県能美市大成町2-5
根上ショッピングタウン
(マルエー根上店さま前)
TEL :(0761)55-0096
FAX :(0761)55-5331
営業時間 8:30~19:30
定休日:水曜日
1926年(大正15年)創業
今年で93年目を迎えました

◎SS級認定眼鏡士2名
◎石川県公安委員会許可
  第511060011995  

FC2カウンター
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -